早期退職を防ぐために!新入社員研修において注意したい事!

新入社員の早期退職を防ぐことが重要

いまでは前代未聞の売り手市場を向かえた新卒採用ですが、入社し易いということは、その分だけキャリアアップがし易くなったということを意味します。 新入社員研修は、それ以降の会社組織の印象を大きく決定します。新入社員に対して、入社して失敗したと思われては、労力を掛けて入社してくれた新入社員を早期退職させかねません。 したがって、新入社員の早期退職に歯止めをかけるため、新入社員研修は、重要になります。

新入社員研修を実行する上でのポイント

何はともあれ、一方的に叱責しないことが大事です。 新入社員のため、知識がないことがあって至極当然といえます。このようなことも把握していないのかと小言を言ってしまっては、新入社員の熱心度もなくなります。ましてや、自分自身の機嫌が良くないから新入社員に対して当たるなどはあってはいけません。さらに心に留めておきたいのは、オンオフのチェンジを正しく実施することです。 就職の売り手市場の新入社員につきましては、仕事終わりの酒席に対する出席を強制したり、或いは休日での出勤を求めたり、私的時間を侵害される事を好まないといえます。会社行事はさておき、定時を経過すれば、プライベートなものという考えを抱いて新入社員と応対しましょう。 それから、研修期間だとしても待遇を下げないことがあげられます。 研修している間だから基本給は引き下げですとか、残業代はゼロとかを行なうと、新入社員の心のうちは会社組織からみるみるうちに離れます。

管理職研修は、初任者研修が入社してすぐに業務の遂行をスムーズにすることを目的に行われる研修なのに対して、管理職になったのちに管理職に必要な資質を高めるために行われる点に違いと特徴があります。