パソコンを自作するメリットは金銭面以外にもいろいろある

パーツに対する知識がつくので故障の対応に強くなる

近年は昔と比べてパソコンの価格が下落しており、金銭的な面でパソコンを自作するメリットは小さくなっています。しかし、金銭面以外にもメリットがあるので、パソコンを自作する人は今後も著しく減るということはないでしょう。

では、自作のメリットにはどのようなものがあるのかというと、パーツに対する知識が増えて、故障の対応に強くなるということが挙げられます。パソコンは、CPUやマザーボード、ハードディスクなどを適当に買い集めて組み立ててれば簡単に動作するようなものではなく、マザーボードを中心に規格を合わせてパーツを選んでいかないと、きちんと動作しません。そのため、パソコンの規格やパーツの特性についてある程度勉強しなければなりませんし、そういったことを知っておけば、パーツが故障した際の原因の特定、あるいは代替品の選定が容易にできるようになるのです。

古いパーツを流用できるので環境に優しい

メーカー独自のマザーボードが用いられていて、内部拡張やパーツ交換がしにくいメーカー製のパソコンと比べると、古いパーツを流用しやすいので、環境に優しいということもメリットです。パソコンが故障する場合、災害にでも遭わない限り、すべてのパーツが一斉に壊れるということはまずありません。そのため、買い換えることになっても、壊れたパソコンをまるごと廃棄する必要はなく、分解して、故障していないパーツを保存しておき、自作パソコンを組むときに使うということが可能なのです。

パーツを流用できれば、新たにパーツを買う必要がなくなるので金銭的なメリットもあります。

プリント基板設計をすれば短時間で同じ基板を大量生産出来ます。それによりコストを抑えたり小規模の企業でも安全に生産出来ます。