いろいろと役に立つ! レンタルオフィスのすすめ

こんなときに使えるレンタルオフィス

レンタルオフィスは、文字通りレンタルできるオフィススペースです。一般的なオフィス用賃貸物件とは異なり、短期のレンタルも可能な点がメリットです。具体的な使用例としては、オフィスの移転またはリフォームするときの仮オフィスとしての使い方があります。また、関西に拠点を置く企業が東京に進出を考えているとき、東京での拠点としてレンタルオフィスを使うのも一例です。事業が順調なら賃貸物件に移り、進出は時期尚早と判断したとしてもオフィス代は最低限ですみます。個人事業主として事業を始めようとする人が最初の拠点としてレンタルオフィスを選ぶのも有効です。レンタルオフィスなら初期投資が少なくすみ、保証人不要の物件もあります。スタッフの増加などに応じてより広いスペースを借りるのも柔軟にできます。

レンタルオフィスの設備とは

レンタルオフィスは、ひとりで使うコンパクトなスペースから小規模・中規模のチームで使えるスペースまでいろいろあります。室内の設備は基本的なものはすべてそろっているのが通例です。具体的には、机とイスはもちろん、インターネット環境、固定電話、空調設備などです。給湯設備や自動販売機、応接室があるのもめずらしくありませんが、ほかの利用者との共同利用になっている場合もあります。原則として、レンタル契約をすればすぐに仕事が始められる環境です。レンタル料金はスペースの広さが基準になるのが通例ですが、最寄り駅からの距離も大きく影響します。短期の契約を更新するよりも、あらかじめ中長期の契約をしたほうがお得になる場合もあるので、料金システムをよく確認してください。

福岡の賃貸事務所は、都市部の一等地にある物件が多く、起業家の間では保証人不要のところや、月単位で契約ができるところにニーズが高まっています。