詳しくない人がパソコンを自作するなら組み立てキットを利用しよう

パソコンを作るのに必要な物がすべて同梱されている

あまりパソコンに詳しくない人、あるいは不器用な人でもパソコンを自作してみたいという場合、どうすればいいのでしょうか。こういうケースでは、パソコンを販売しているショップ、あるいはパソコン製造メーカーのダイレクトショップなどで、組み立てキットを購入するのがいいでしょう。

ケース、マザーボード、CPU、メモリ、ハードディスクなど、パソコンを自作するための必要なパーツがすべて同梱されていて、組み立てるための工具、マニュアルも入っているので、パソコンを作るためになにが必要なのかもわからないという人でもなんとか作れるようになっています。また、ショップによっては、途中で難しくなって、これ以上、続けられないということになっても、組み立て作業を引き継いでくれるサービスを用意しているので不器用な人でも安心です。

パーツの相性問題が発生する心配がない

パソコンの組み立てキットを利用して自作することは、必要な物が最初からそろっているということ以外にもメリットがあります。それは、パーツの相性問題が発生しないということです。

パソコンのパーツは規格に沿って、いろいろなメーカーで自由に作られていますが、メーカーの技術力に差があるため、組み合わせによってはうまく動かないことがあります。それを相性問題と呼びますが、パソコンの組み立てキットは、そうした問題が起きないような組み合わせでパーツが選ばれているので、きちんと組み立てれば初期不良などでない限り、ちゃんと動作するのです。

近年は表面実装型の部品が多くなっています。そのためプリント基板実装は、自動実装装置と呼ばれるマシンにて行われます。