オーナーとして事業をスタート!初めての人も取り組みやすいフランチャイズ

フランチャイズの業種を選ぶポイント

フランチャイズ事業に関心がある場合には、様々な角度から将来性のある業種を判断することが大切です。特に、コンビニやガソリンスタンド、ファミレス、クリーニング店などのフランチャイズは、オーナーに対するサポートがしっかりとしているところも多く、少ない元手で事業を開始することができます。また、フランチャイズの加盟金や保証金、研修費などのコストは、業種によって大きな差があるため、将来的に安定した経営を目指すために、契約前に必要経費やビジネスモデルなどをじっくりと把握することが肝心です。なお、無店舗型のフランチャイズの事業の中には、初期費用を数十万程度に抑えられるものもあり、若年者の間でも関心が集まっています。

フランチャイズ事業で失敗をしないためには

フランチャイズ事業は、自営業の知識や経験がない人でも気軽に始めやすい状況となっていますが、事業を継続させるために、本部によるサポートの良しあしにこだわって契約先を決めることが大事です。例えば、小売店や飲食店などのフランチャイズは、本部に支払うロイヤリティの金額が他の業態と比較して高くなる傾向がありますが、仕入れのルートを確保できたり、従業員の採用や研修をスムーズに行えたりする点で大きなメリットがあります。また、フランチャイズの事業が軌道に乗るまでには、業態によってある程度の時間が掛かります。そこで、事業の失敗のリスクを低くするために、各地で開かれているフランチャイズ事業の希望者をターゲットとした説明会やセミナーなどに積極的に参加をしてみましょう。

代理店とは特定のメーカーや商事会社などのために代理として商品の販売、原料の買い付けなどの業務を行うことが役割のようです。