法人でのパソコン導入時の検討事項について

法人でのパソコン業務について

最近ではオフィス事務においてパソコンの利用は必須となってきていますが、その導入の仕方については各種各様のものがあります。これは、必ずしもビジネス用として一元的に考えられるものではありません。
一言でオフィス事務といっても、事務作業全体の中でパソコンを利用するのがあくまでも付随的なものにとどまる場合、または、個人的な作業に関連付けられていて、必ずしも事務全体で必要とされているものではない場合、法人としてパソコンを導入する必要は高いものではありません。
一方で、事務全体ではパソコンの利用はそれほど大きな割合を占めるものではなくても、その一部に関しては必須である場合には、法人としてパソコンを導入する必要があると考えられます。

パソコンの入手法について

一般的に、パソコンの導入は専門店で購入することになりますが、法人利用となると個人利用とは異なる検討事項が生じます。
まず、導入時の経費削減についてですが、導入するパソコンの数がある程度多くなるときには、一括購入が経済的です。この場合、メンテナンスなどは法人で行うのが基本ですが、数が多いと本業に支障が生じることがあります。そこで、メンテナンスについては外部委託するのが得策ですが、これらのことを合わせて考えると、リースを活用するのがよいでしょう。
パソコンのリースでは、料金に基本的なメンテナンスが含まれているのが一般的ですし、一括して機種を交換する際にも、処分と購入をしなくても、機種変更の手続きをするだけでよいので簡便であり、また経済的でもあるからです。

パソコンを使い始めてしばらく経つと、パソコンのパーツに不満が生じる事があると思います。その不満を解消してくれるのが、パーツを自分で選んで購入出来るBTOパソコンです。