Browse Author

admin

従業員の勤怠管理に役立つタイムカードアプリ

話題のタイムカードアプリでできること

勤怠管理を効率よく行うために、タイムカードアプリを取り入れている企業は年々増加しています。中でも、一人ひとりの従業員がスマホを使って出退勤や残業の時間を確認しやすいものは、大手企業の間で利便性の高い勤怠管理のツールとして導入が進んでいます。タイムカードアプリの機能は、それぞれのアプリの種類によって違いがありますが、特に給与計算の機能が充実しているものは、経理や人事の担当者の業務の負担を軽くするうえで大きなメリットがあります。タイムカードアプリの必要性は、それぞれの企業の従業員の人数や事業の内容などによりますが、時には法人向けのアプリの開発を専門としている業者にアドバイスをもらうことがおすすめです。

タイムカードアプリのメリットとデメリット

タイムカードアプリは、業務の効率化や労働時間の管理などに活用することができ、今や事業規模や社員数などにかかわらず、多くの企業で採用されています。機能性の良いタイムカードアプリの中には、従業員の人事評価や給与計算などに役立つものも少なくなく、事業活動における様々なシーンで重宝されています。一方、タイムカードアプリの導入に際して経営陣からの理解を得ることが難しかったり、アプリの購入の費用が高額になったりすることもあります。そこで、タイムカードアプリの利用価値について理解を深めるうえで、早いうちにライバル企業のアプリの導入事例を参考にしたり、将来的に掛かるコストを計算したりすることがおすすめです。

スマホにタイムレコーダー アプリを入れて勤怠管理をすることで、勤務時間・残業時間の把握や給与の計算が自分でも簡単にできて便利です。

法人でのパソコン導入時の検討事項について

法人でのパソコン業務について

最近ではオフィス事務においてパソコンの利用は必須となってきていますが、その導入の仕方については各種各様のものがあります。これは、必ずしもビジネス用として一元的に考えられるものではありません。
一言でオフィス事務といっても、事務作業全体の中でパソコンを利用するのがあくまでも付随的なものにとどまる場合、または、個人的な作業に関連付けられていて、必ずしも事務全体で必要とされているものではない場合、法人としてパソコンを導入する必要は高いものではありません。
一方で、事務全体ではパソコンの利用はそれほど大きな割合を占めるものではなくても、その一部に関しては必須である場合には、法人としてパソコンを導入する必要があると考えられます。

パソコンの入手法について

一般的に、パソコンの導入は専門店で購入することになりますが、法人利用となると個人利用とは異なる検討事項が生じます。
まず、導入時の経費削減についてですが、導入するパソコンの数がある程度多くなるときには、一括購入が経済的です。この場合、メンテナンスなどは法人で行うのが基本ですが、数が多いと本業に支障が生じることがあります。そこで、メンテナンスについては外部委託するのが得策ですが、これらのことを合わせて考えると、リースを活用するのがよいでしょう。
パソコンのリースでは、料金に基本的なメンテナンスが含まれているのが一般的ですし、一括して機種を交換する際にも、処分と購入をしなくても、機種変更の手続きをするだけでよいので簡便であり、また経済的でもあるからです。

パソコンを使い始めてしばらく経つと、パソコンのパーツに不満が生じる事があると思います。その不満を解消してくれるのが、パーツを自分で選んで購入出来るBTOパソコンです。

M&Aは中小企業または零細企業が生き残るための手段でもあります!

M&Aは大企業だけの経営手法ではありません!

M&Aを日本語にしますと「合併&買収」ですが、多くの場合は大企業がライバル社に対して行う経営手法です。例えば、業界売上げ3位の企業が5位とか6位の企業をM&Aすることで首位に出ることができます。

このようにして規模を大きくするのですが、この方法のデメリットは買収する側とされる側で格差が起こることです。やはり買収する側の社員のほうが優遇されますので買収される側の社員の士気は低くなりがちです。

同レベルの企業同士のM&Aでは格差は起きませんが、違う問題が起きます。金融機関などでよくみられるケースですが、平等を意識するあまり「たすき掛け人事」が行われることです。能力を無視した人事は必ず企業にマイナスとなります。M&Aにはこのような負の側面がありますので使う際には注意が必要です。

M&Aを企業の継承の方法として使う!

このようにM&Aには負の側面がありますが、使う場面によっては有効な経営手法です。その場面とは「企業の継承」です。具体的には「跡継ぎがいない企業を存続させる」ことです。零細企業などで見かけるケースですが、創業者が引退したあとの次期社長がいないことがあります。

このようなケースでM&Aによって企業を存続させることができます。そして、存続することで従業員を「路頭に迷わせない」ことができます。こうしたM&Aの利点は大企業同士のM&Aなどのように買収される側の社員が不遇になるといったことがないことです。

これからの産業界の問題点は人手不足と言われていますが、経営者においても同じ問題がおきます。M&Aはその問題点を解消する方法の一つです。

M&Aは企業間の合併・買収のことで、経営基盤強化・事業拡大などの経営者の課題解決実現に有用な手段です。

新しいスペースを確保したいなら倉庫のレンタルを検討しよう

スペースがなければ狭い空間になる

スペースのある家は広く見える効果がありますし、歩きやすい点もメリットです。一方でスペースが不足している家の場合は、圧迫感によって狭く感じられるだけではなく、歩き辛さを感じるでしょう。ただ、収納する場所を作るために整理整頓を行った結果、不要な物よりも必要な物が多くなってしまうと、処分することではスペースの確保は難しいです。それなら、自宅の外に倉庫を借りることをおすすめします。倉庫を借りるのであれば、自宅の整理整頓をしなくても新しいスペースを確保できるようになります。また、自宅内にある使用頻度が低い物や季節物をレンタルした倉庫に収納し、必要な時だけ取り出すようにすれば、広々とした空間を作れるようになります。

倉庫をレンタルする際のポイント

倉庫をレンタルして新しいスペースを確保するのであれば、料金や場所といった条件で選ぶようにしましょう。倉庫をレンタルする際に支払う料金は業者の考え方によって決まるので、高いと感じる場合もあれば安いと感じる金額のケースもあり得ます。そのため、できるだけ安いと感じる料金で利用すべきですが、安くても場所が遠くなってしまうと運搬が大変です。ですから、料金とエリアの双方についてじっくりと検討し、どれを重視して選ぶのかをしっかりと決めるべきです。利用しやすい倉庫の特徴は車で横付けできること、換気が十分に行われていることなどがあります。人気がある倉庫は契約するのが難しいですが、探し続けていればチャンスはあるので逃さないようにしましょう。

3PLは、物流改革のノウハウを持つ第三者が荷主の立場で物流業務を受託し、全体の最適化・効率化を実現するサービスです。

社内SNSで企業内の活性化の方法!仕事以外にも活用する!

社内SNSは企業内の活性化に使える

社内SNSを仕事だけに使っていても、社内の活性化には繋がりません。むしろ仕事以外のことに利用してもらった方が、活性化に繋がるのです。レクリエーションや飲み会の誘い等を部署を越えて行うには、社内SNSはかなり有効です。グループごとにメーリングリストなどを作ることで、それぞれのレクリエーション活動をしやすくする効果があります。普段繋がりのない部署の人と交流を持てると、仕事をする時にも役に立つことが多いでしょう。スポーツ、飲み会、食事会等を行うように会社側から提案することで、企業内の交流と活性化に繋がっていくのです。

仕事の悩みにも活用する

社内でしか見れないSNSであれば、社内のことを相談しやすいかもしれません。セクハラ相談やパワハラ相談の窓口として、SNSを活用することができるでしょう。担当者をおいてしっかり対応することを公言しておけば、相談者は相談しやすくなります。顔を見せにくい相談の場合には特に役に立ちます。悩みが解決できれば、離職率に低下につながり、企業として活性化していくでしょう。

会社側は管理はするがコントロールはしない

社内SNSを活用してもらうためには、社員が自主的に使うようにすることが大事です。会社側がコントロールをしていると感じれば、自然と使わなくなってしまいます。そうならないためには、会社側はなるべく関わらないようにするのです。補助金を出すことやイベントの提案はしても、積極的に関わらない方が自由に社員が活動できます。お金は出すが、口は出さないという態度がいいのです。

社内SNSを上手に活用することで、社内のコミュニケーションが活発になります。外部には公開されないのも安心です。

待遇の良い派遣の運転手の仕事を見つけるポイント

派遣の運転手の仕事の探し方

派遣の運転手の仕事に関心があるときには、実績のある派遣会社に登録をして、実務経験や希望条件などに合った職場を紹介してもらうことがおすすめです。特に、タクシーやトラックなどの運転手として働いた経験のある人は、派遣会社の選び方にこだわることで、好待遇の職場で働ける可能性が高く、就職後もスムーズに仕事に取り組みやすいというメリットがあります。
一方、未経験から派遣の運転手の仕事に挑戦をしたい場合には、なるべく研修のための時間が長く設けられている職場を選ぶことが必要です。大手の派遣会社においては、未経験者でも無理なく働ける職場の紹介が行われており、年齢や適性などに合った仕事を選びやすい状況となっています。

派遣の運転手の給料について

派遣の運転手の給料は、経験年数や勤務時間だけでなく、登録先の派遣会社の方針に大きく左右されることがあります。そのため、給料の高さを重視して派遣の運転手の仕事をしたい場合には、派遣会社の経営状態や派遣社員への待遇の良さなどに注目をしながら、じっくりと登録先を決めることが肝心です。
また、無事故無違反の運転手を対象として特別の手当を支給してくれる派遣会社も少なくなく、年収のアップを目指すにあたり、業界内で実績のある派遣会社の特徴を把握してみましょう。その他、夜間の勤務の回数の多い派遣の運転手については、短期間でまとまった金額を稼ぐことができるため、年齢にかかわらず人気の働き方として定着しつつあります。

運転に自信のある方には、運転手の派遣をお薦めします。確かに大切な命を預かりますが、派遣といえども自由が多少あります。派遣の仕事で、自由が利くのは運転手のしごとです。

ヘアカットで失敗しないために注意するポイントとは?

イメージと違うことは避けたい

初めて行く美容院では、担当者にうまくイメージを伝えることができずに失敗してしまった経験はないでしょうか。それは、言葉で伝えるからうまくいかないだけであり、スマホの画面や、写真の切り抜き等を持っていけば失敗することはありません。美容師になるには国家資格が必要なので、お客さんを担当できる知識は入っているはずなので、画像を見たらどのような髪型になっているかわかるからです。また、自分が思いつかなかったアドバイスをしてもらえることもあるので、なりたい髪型のモデルを持参することは必須です。

オプションがあったりする

カットする前に料金を提示してくれる良心的な美容院であれば問題ないのですが、指名料金やロングヘアー、前髪カットなどのオプション料金が加算されることがあります。トラブルを避けるためには、はじめに金額を聞くことに尽きるのですが、行きつけの美容院でなければ聞きにくい状況も想定されます。そんなトラブルにならないためにも、インターネット予約をすると良いでしょう。サイトから当日のメニューを指定して、金額を確定させておけばトラブルになりにくいです。また、サイトから予約をすればポイントが付与されるケースが多く、さらにお得になるので利用するべきですね。ただし注意点があり、予約時のメニューと当日の内容が違う場合は、変更分はポイントの付与ができないケースもあるので、予約時に間違いのないよう申し込まなければいけないことを念頭に入れておきましょう。

ヘアカットの1000円とは短時間でカットする店です。カットも短時間で出来るもの、シャンプーなどといった作業も無くすことでコストを削減したりしています。

早期退職を防ぐために!新入社員研修において注意したい事!

新入社員の早期退職を防ぐことが重要

いまでは前代未聞の売り手市場を向かえた新卒採用ですが、入社し易いということは、その分だけキャリアアップがし易くなったということを意味します。 新入社員研修は、それ以降の会社組織の印象を大きく決定します。新入社員に対して、入社して失敗したと思われては、労力を掛けて入社してくれた新入社員を早期退職させかねません。 したがって、新入社員の早期退職に歯止めをかけるため、新入社員研修は、重要になります。

新入社員研修を実行する上でのポイント

何はともあれ、一方的に叱責しないことが大事です。 新入社員のため、知識がないことがあって至極当然といえます。このようなことも把握していないのかと小言を言ってしまっては、新入社員の熱心度もなくなります。ましてや、自分自身の機嫌が良くないから新入社員に対して当たるなどはあってはいけません。さらに心に留めておきたいのは、オンオフのチェンジを正しく実施することです。 就職の売り手市場の新入社員につきましては、仕事終わりの酒席に対する出席を強制したり、或いは休日での出勤を求めたり、私的時間を侵害される事を好まないといえます。会社行事はさておき、定時を経過すれば、プライベートなものという考えを抱いて新入社員と応対しましょう。 それから、研修期間だとしても待遇を下げないことがあげられます。 研修している間だから基本給は引き下げですとか、残業代はゼロとかを行なうと、新入社員の心のうちは会社組織からみるみるうちに離れます。

管理職研修は、初任者研修が入社してすぐに業務の遂行をスムーズにすることを目的に行われる研修なのに対して、管理職になったのちに管理職に必要な資質を高めるために行われる点に違いと特徴があります。